洗車&メンテナンス

洗車の仕方。

洗車 クルマ好きならば 定期的に行うメンテナンスです。

本日は、私の洗車方法です。

洗車は、こうしなければならない!  と言うのではないですが

ご参考になれば幸いです。

まずはしっかりとボディーに付いた

ホコリや砂を洗い流して

次に、カーシャンプを薄めたスプレーボトルと

スポンジを用意して

スポンジにシャンプーを

まずはフロントガラスから

高速走行中に 潰れて乾燥した虫の跡が見えるので

先に、ルーフを洗うと見えなくなるので (^^)

スライディングルーフやサンルーフ

この周囲は、雨天走行時に砂が溜まる場所です。

ガラスとの境目の溝

ココも砂や誇りが溜まる場所です。

スポンジが あちゃ~です!!

このままボディ-を擦ると・・・

そうです!

ご想像の通り、塗装に傷が入ります。

そんな時は、洗車スポンジを

クチュクチュしながら、汚れを洗い流します。

私、手が3本ないので写真を撮りながらだと

コレが精一杯 (^^)

本当は、水を流しながら クチュクチュですよ!!

そして、窓から上のシャンプー洗車を終えます。

そして、泡が残らない様に

よ~~~く 水で洗い流します。

水の勢いを使って

隙間に入り込んでいる汚れも

洗い流します。

溝も 同様に (^^/

サイドミラー

泡が残っていた経験ありませんか?

ミラー裏側まで 水を流し込むつもりで

洗い流して下さい。

お次は、窓下です。

もしも、サッコパネルの汚れが酷ければ

このラインまで!

今回のW140は、キレイなので

下まで一気に洗います。

この隙間も

雨天走行時に、ホコリや砂が溜まる場所

上からだけでは洗い流せないので

しゃがんで 洗い流します。

ドアノブも 上からだけではなく

下からも

給油口のフラップ開けて

泡が残っていないか?

途中、先に洗った上側の乾燥を防ぐ為

もうひとつ、流し損ねた泡がないか確認しながら

ルーフに水を (^^//

トランク周囲は特に念入りに!

雨の日

前方を走るクルマが巻き上げた水(砂が混じっている)

ワイパーが掻き揚げて

ルーフを伝い

トランクの周囲の溝を伝って流れます。

ここ流速が落ちるところなんです。

ボンネットはワイパーなどがあるので

その下のトレイに 泡が残らぬようにしっかりと洗い流します。

テールレンズの隙間も 見逃さないでね!!

意外なぐらい 隙間があります。

テールを洗う際は

ナンバープレートの裏にも

水を送り込むようにしてくださいね!

最後にフロント3面

自宅前で 洗車できる幸せな方を除くと

エンジン温たたってます。

温まっていると、当然乾燥速度は速いので

一番最後に (^^)

ヘッドライトの周囲の隙間もご用心です。

グリルも

上から目線では・・・

下からも 水を掛けて下さいませ!!

バンパーのスリットやフィン

ハニカム構造(奥が抜けていないものは特に慎重に)は

汚れが溜まる場所です。

全体を洗い流したら

クチュクチュして

スポンジは、汚れないように保管です。

これはご自身が海水浴に行って

砂だらけの体を洗うイメージです。

頭を洗って、体を上から下へ

クルマのパネルに向かう時は

蹲踞の姿勢で、パネルに正体して洗います。

※ 蹲踞(そんきょ)

後は、私の息子の様に

頭の後ろに シャンプーが残ったままにならない様に (^^)

ちなみにですが・・・

バケツにシャンプーを泡立てる方法もありますが

バケツで、スポンジを濯ぐと

砂が当然入りますよね!

私は、それを嫌って 

ボトルに薄めたカーシャンプを入れて使用しております。

49+

関連記事

  1. 洗車&メンテナンス

    ホイールダストの洗浄

     長年色んな物を試してきましたが上手く落とせなかったブレー…

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

売り出しております!!

PAGE TOP