中古車選び

ステアリングリンケージ

ステアリングナックルアームに繋がるタイロッドです。

裏から見ると こんな感じです。

このブーツが切れていなければ

車検は通ります。

セパレーターを噛まして

テーパーの噛み付きを外します。

ドラックリンクのテーパーです。

このジョイントは、ボールですので

使っているうちに磨り減り 遊びが生じます。

それはクランプしてみると判ります。

ドラックリンク

そして、その奥にステアリングダンパーが見えます。

この両端に

先ほどの タイロッドが繋がています。

ステアリングギアボックスから伸びている

ピットマンアームです。

これが左右に動く事で

ドラックリンクが、左右に動き

更に先の タイロッドがナックルアームを押す事で

タイヤの方向が変わります。

これはアイドラーアーム

ピットマンアームの動きを相殺し

ドラックリンクの位置出しの役目をしています。

この内部のブッシュも 経たります。

ドラックリンク、タイロッド 合計6個のジョイント

このジョイント 1個に付き0.1mmの遊びが生じていたならば

計0.6mmの遊ぶ事になりますでしょ!

仮に左を固定して

一番上の写真のナックルアームが0.6mmも遊んだら?

私ならば我慢ならないハンドリングとなるのです。

これがステアリングリンケージなんです。

関連記事

  1. 中古車選び

    仲間からの 質問 「ブッシュ交換 何故必要?」

    先日、クルマ仲間からブッシュ なんで交換する必要があるの?…

  2. 中古車選び

    意外な所に 意外なクルマ

    W116 450SEL これ凄いコンディションかも知れません!…

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

売り出しております!!

PAGE TOP