W124

W124 500E ブルーブラック No,4

 
ルーフ。

スライディングルーフの前の部分を研いて

写真をクリックして拡大すると

その肌の違いがご覧いただけるかと

スライディングルーフを研いて

肌を合わせて行きます。

スライディングルーフの後方

ここも肌感を合わせる様に研きます。

作業前の助手席ドア

研くと

Cピラーとリアフェンダーを研いて

マスキングテープを剥がすと

そこだけ異質な肌となります。

マスキングし直して

ココ、樹脂なので

鉄板の上の塗装と同じ様に研けません。

よってココだけ単独で研くのです。

ココは、一番上のアイキャッチ画像で使っている

ミニポリッシャーが無くては研けないのです。

関東 梅雨明けしたそうですね!!

昨日、蒸し暑くて堪らなかった。。。

明日からは7月。

エッッッ!!!

もう、今年の半分過ぎたの~!?

 

44+

関連記事

  1. W124

    W124 320TE No,10

    キッキングプレートに貼られているシ-ト。なんでこんな所に張るの…

  2. W124

    W124 E280T No,1

    まずは、クルマのコンディションを見てみましょう!インシュレータ…

  3. W124

    W124 E280T No,3

    ボンネットを起こしてこの樹脂製のパーツ左右の …

  4. W124

    W124 220TE No,2

     ケミカル粘土 掛けます!おっ!意外とキレ…

  5. W124

    W124 500E ブルーブラック No,5

     Cピラーこの肌を調整してこの様に…

  6. W124

    W124 E280T No,8

     インシュレーター 貼ります!まずは、仮当てして位…

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

売り出しております!!

PAGE TOP