ホンダ

ホンダ ステップワゴン No,3

のっけから

ヒェェェ~~~!!!

ミニポリッシャーに凄い反動が出ます。

そして、

駄目駄目のコーティングが

塗装の上で

コンパウンドに絡んで

吹き飛んで行きます!

吹き飛ばないヤツは

塗装の表面に粘りついて・・・

飛距離の短かったカスです。

重いものは、車の周囲へ吹き飛んでいます。

コーティングによって

相性のイイ コンパウンドを選ぶのに手間取りましたが

まずはココまで

向かって右半分を研いて

未着手の左と比べると

歴然です。

ガソリンスタンドで勧められるがまま

コーティングされた結果がコレです。

クルマがキレイと言うこと自体が理解できない。

理解出来ていない人が

コーティングを 勧め 施工するなんて

あまりもナンセンス。

しかも、何度も塗り重ねられて

超~~~厚塗りの 無駄な化粧!!!

本来の光沢も 写り込みも 何処へやら。。。

金儲けの為だけに

行った悪行です。

それを剥がす見になってくれよと

つくづく思います。

リスクばかりを背負い込むのは・・・

右半分 完成!

ボンネットフード

1工程目 終了!!!

これで完成ではありませんよ~!

コレは1工程目

ここから 最低でも

あと4工程踏まなければ

求める 映り込みと 光沢は得られません。

それ以上に

一見 キレイに見えるパネルですが

摩擦熱で伸びたコーティングが

一面に広がっている。

ルーフも えらいことに。。。

途中まで 研いて

写真を写したら

手ブレ!

それほど凄まじい反動なんです。

その反動に耐えて

粘りが出なく無くなると

反動は、一気に無くなるのですが

次の箇所に移ると

またもポッシャーの反動に耐えて

研きたいところを

出来る限り均一に研きます。

こんな作業の後

夕食で、煮魚なんかが出てくると

お箸を持つのも面倒になってきます。

 =========

ここからは番外編ですが

私の230E

先日のサーモスチールで補強した排気管

どうやら落ち着いたので

サーモスチールの上に

ガンガムを塗り

耐水補強します。

サーモスチールは水には

滅法弱いので (^^/

週末から予想される入梅準備です。

でっ!

そんな作業をしていると

ゲッゲッッッ!!!

ふと、シフトリンケージを見ると

エンドに在るはずの

シフトブッシュが

黒いゴムブッシュ

在り得へんでしょ~~~

どうりでシフトレバーがユルな筈です。

しかし、今の今まで気付かなかった私もいい加減なヤツですね~~~

29+

関連記事

  1. ホンダ

    ホンダ ステップワゴン No,10

    Bピラーここにも無数のシミが・・・ガソリンスタンドの宜…

  2. ホンダ

    シビック EF2 No,3

    ガラス 凄い事になっています。ここまで酷いカルシウ…

  3. ホンダ

    初代フィット No,2

     最終の仕上がりを想像してココも手を掛けねば バランスが取…

  4. ホンダ

    ホンダ ステップワゴン No,1

    まずはホイールドイツ車とは異なり汚れはこの程度…

  5. ホンダ

    シビック EF2 No,11

     サイドウィンドのデフロスターの吹き出し口気になりますよね…

  6. ホンダ

    シビック EF2 No,9

     リアトレイ脇拭いてみます!予想どおり…

2019年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

売り出しております!!

PAGE TOP