中古車再生計画

W126 クーぺですぞ!! No,6

リアシートの背もたれを外して

すると

そこにはサービスホールが在って

この様に

リアのショックアブソーバーと

アブソーバーに繋がる油圧配管に

アクセス出来る様になっています。

配管の繋ぎを外して

ショックアブソ-バーのナットを外して

ショックアブソーバーを抜いたら

スプリングコンプレッサーを用意して

バネ抜きの準備です!!

ギンギンに締め上げると

バネ 抜けます (^^)

暑い中 我ながらご苦労な事だと。。。

ハイドロオイルで汚してしまったロアアーム

掃除しなくちゃ!!

その前に

アキュムレーターから

ショックアブソーバーに繋がる配管

外しておきます。

これならば配管が振動して

異音が生じる原因にはならないでしょ!

新品のバネです!!

ノーマルに戻します。

しかし・・・

この時点では、全く気付かないでいたのですが

大きな不具合の原因となるバネ。

そのお話は、追って・・・

関連記事

  1. 中古車再生計画

    W123 280E ミッドナイトブルー No,18

    モリヤ氏がデント作業を行っている間にフロントナンバーのバックプ…

  2. 中古車再生計画

    マニラベージュの280E No,35

    足回り 一気にバラして行きましょう!!タイロッド この…

  3. 中古車再生計画

    中古車再生計画 【W123 230E】 No,68

    230E まだ納得出来ない分があります。タコメーターのレッドゾ…

  4. 中古車再生計画

    中古車再生計画 【W123 230E】 No,76

     昨日 このブログで記事にしたウォームアップレギュレーターは…

  5. 中古車再生計画

    マニラベージュの280E No,33

    取り外した背もたれ生地が擦れる部分に黒い汚れが見えます…

  6. 中古車再生計画

    W123 280E ミッドナイトブルー No,9

    タイヤハウスのカバー洗いましたがゴム部分の汚れ…

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

売り出しております!!

PAGE TOP