中古車再生計画

悩みのTE リアサスペンション

出戻りのE320Tの通常のリアの車高です。

373mm

私が車体の下に潜れる様に

角材を噛まして

車高を最大限まで上げると

※車高の計測の基準は、

 ホールのセンターキャップ中心からフェンダーまで

460mm

可動範囲は87mm

リアショック単体で

最下位置では、370mm

最高位置では400mm

130mmの可動域があります。

エンジンの力で油圧を発生させて

銀色のレベライザーコントローラーを介して

その奥の床に設置されたアキュムレーターがダンパーの役目をして

リアショックアブソーバーの高さを決めています。

レベライザーコントローラーで最高位置に調整した状態です。

このリアの高さ調整がシックリこない車両が稀にあります。

上の写真のリアショックアブソーバー単体の写真をご覧いただくと

ハイドロオイルの経路は1本。

そこで、オイルが行き来します。

ハイドロオイルがアブソーバーの筒の中に流入する際

エアーを噛んで、オイルが気泡だらけになると

車高が下がり切らないと言う状態に・・・

ショックアブソーバーから、アキュムレーター

そして、コントローラーの戻り管まで

この気泡まみれのオイルで満たされると

その気泡が、密閉された中から

なかなか戻り管出まで到達せずに

気泡が排出出来ない。

ハイドロ足の場合

車高が高いと 硬い足に

車高が低いと しなやかな足になります。

これはハイドロのショックアブソーバーは

ハイドロオイルを貯めるだけで

ショックとしての機能は

アキュムレーターの中にある

プラダ内にある窒素ガスが担っているから。

知らなきゃ、こんな事に悩まずに済む事です。

知っているから、あと少しを追ってしまう。

与えられた車に満足せず

自分の思い道理 理想の姿を追うと

今更ながら、こんな事に悩んでいる親父で御座います。

申し少し、真面目に精進しなくちゃならない。

関連記事

  1. 中古車再生計画

    人のふり見て我がふり直せ

    昨日までご紹介したTEで私の230Eで気になったことが・・・…

  2. 中古車再生計画

    中古車再生計画 【W123 230E】 No,70

    アイドルエアーの調整バルブです。最近、徐々にアイドリングが上が…

  3. 中古車再生計画

    マニラベージュの280E No,44

    新しいフロントスタビライザーブッシュです。こんな感じで…

  4. 中古車再生計画

    コンプレッサー シール交換!!

    何とか暑い夏を乗り切って寒くなるとヒーターバルブの不調…

  5. 中古車再生計画

    中古車再生計画 【W123 230E】 No,48

    リアシートを取り外します。このサービスホールの中に リアショッ…

  6. 中古車再生計画

    W123 280E ミッドナイトブルー No,12

    さて、研きの準備に入りましょう!!まずは、余計なクリッ…

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

売り出しております!!

PAGE TOP