W124

W124 230E No,55

Oリングを用意して

エキスパンションバルブを取り付けます!

軽くオイルをOリングに馴染ませて

取り付けて

新品のエキスパンションバルブ

素敵な輝き (^^)

狭い場所で

ネジ2本を慎重に入れて

高圧側にもOリングを取り付けて

コンプレッサー側の位置合わせを行い

10mmナットを締め付けて

交換終了!!

真空引きを開始します。

冷媒を充填します。

助手席に座り

吹き出し口温度を確認すると

19℃ 

あと少し下がって欲しいところです。

運転席に座りなおして

1500rpmまで回転を上げると

15℃

これならば暑くはないでしょう (^^)

暫く運転した後

漏れのチェックです!

エキスパンションバルブ側も

漏れ無し!!

気温は、人によって感じ方が異なります。

私は暑がりで、冷房の設定温度に関して

家族からクレームが出ます。

あと少し下げるのは

リキッドタンクの交換時にチャレンジする事を

オーナー様にお伝えして

埼玉までの帰路

オーナー様からは、寒いほどクーラー効いたと

ご連絡頂きまして

一安心しました (^^/

関連記事

  1. W124

    W124 230E No,26

    ご入庫に合わせて入荷したパーツを整理しながらお手軽に取…

  2. W124

    W124 E220 No,6

    2工程目新品のサテライトバフを使います!!二人…

  3. W124

    8年振りのW124 E280T No,8

    ブロアファンに棲み付いた鈴虫と松虫の退治です!!…

  4. W124

    W124 220TE No,3

    1工程目で 出てくるコンパウンドカスです。 W124の…

  5. W124

    W124 E320 ブルーブラック No,4

    本来ならばこのアンテナのグロメットも取り外したいところですが…

  6. W124

    W124 300TE No,6

    2工程目 磨きました。ギトギトです!2工程目 …

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

売り出しております!!

PAGE TOP