W201

珍しい修理 No,8

取り扱い説明書の

ヒューズの一覧です。

この年代のヒューズは

スティックヒューズ

白 8A

赤 16A

青 25A

となります。

何度も切れて状態が見えないので

一番奥の 右から4番目

本来は16Aの赤ヒューズですが

一時的に 25Aの青を入れます。

少しの時間

ヒューズが切れる事なく

オグジュアリーファンは回ってくれますが

ヒューズが溶けるほどの熱が・・・

一旦、全て正常なヒューズの状態に戻して

ここでオイルの漏れが

激しくなっている事に気付いて

オーナー様に連絡を入れて

対処方法を検討します。

クランクシールからの

オイル漏れを疑っていたので

自動車保険のレッカーサービスを使い

アトミックへの入庫を決めました。

数日後

アトミックの師匠こと

小澤氏から電話があり

電磁クラッチの絶縁体が溶け落ちていると・・・

江戸川の工場に行くと

この通り。。。

オイルかと思いきや

溶けた絶縁体が溶けて 飛び散っていたとは・・・

メルセデスでも

ファンクラッチに

電磁クラッチを使っているのは

M102系のエンジンのみ

極めて珍しい 事例です。

関連記事

  1. W201

    珍しい修理 No,4

    イグニッションコイル 交換完了!!デスビキャップも取り外して…

  2. W201

    持ち込みパーツ 3点

    まずは1点目メーターケーブルの交換です!!2点…

  3. W201

    珍しい修理 No,1

    常連様の190E試走です!水温 上がり過ぎ。…

  4. W201

    W201 190E No,8

    お預かりした時のO2センサーの値です。そして、…

  5. W201

    珍しい修理 No,3

    イグニッションコイルデスビローター&デスビキャップハイ…

  6. W201

    W201 190E No,9

    ブレーキフリュード 入れます。そして、エアー抜き!純正…

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

売り出しております!!

PAGE TOP