Jaguar

ディムラー 中古車再生過程 No,2

このクルマが

ご自身のクルマであったらと言う目線で見て下さいませ!!

※スマホではなく、PC もしくは タブレットがお勧めです。

※写真をクリックして頂ければ、拡大されます。

このボンネット

肌が荒れて

美しさは 台無しに・・・

このままでは

乗るに値しない・・・

ガサツが現れています。

ここにも・・・

そこかしこに・・・

全く持って

引き締まりが無い。。。

一見綺麗そうなガラス。

しかし、フチの水垢を見てしまうと

ガッカリさせれられる。

メッキイホイールも

その気が失せます。

少し近づいて 見ると・・・

PAINT CFS

カーニバルレッド

この外装から、その名さえ

浮かんでこない。。。

何とかしなくちゃ!!

関連記事

  1. Jaguar

    Daimler SuperV8 No,15

    クリップの補修は、モリヤ氏の本業ではない!少し気になる凹みがあ…

  2. Jaguar

    Daimler SuperV8 No,16

    クイックルームクリーニングで仕上げます!まだまだこれか…

  3. Jaguar

    Daimler SuperV8 No,11

    一旦、お納めして1週間後ボンネットオープナーのワイヤーの修理が…

  4. Jaguar

    JAGUAR XJR No,2

     マスキングを終えたボンネットです。カルシウムスケール?…

  5. Jaguar

    ディムラー 中古車再生過程 No,5

    作業が入っていない合い間を見ての自分のクルマの作業です…

  6. Jaguar

    JAGUAR XJR No,4

     コレが作業前のボンネットです!お時間が許せば、写真をクリ…

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

売り出しております!!

PAGE TOP