Jaguar

ディムラー 中古車再生過程 No,3

トランクを開けて

みがきに邪魔になるグリルを外します!

グリルの裏側でさえこの汚れ方。

邪魔物 外しました。

実は、このナンバーが最大の邪魔物!

これでスッキリしました!

塗装表面に付いた ザラ付を取り除くには

ケミカル粘土を使い

粘土で汚れを吸着させながら

擦り取ります。

粘土掛け後の塗装です。

近づいてみると

酷いコンディション。

給油口廻りもご覧の通り!

これを研いて元通りにします (^^/

関連記事

  1. Jaguar

    ディムラー 中古車再生過程 No,7

    バンパーの重なり部分この汚れが 許せない!!窓…

  2. Jaguar

    Daimler SuperV8 No,15

    クリップの補修は、モリヤ氏の本業ではない!少し気になる凹みがあ…

  3. Jaguar

    Daimler Super V8 No,5

    研く前のボンネット下手な塗り替えと胸糞悪くなるコーティ…

  4. Jaguar

    Daimler Super V8 No,6

    このダイムラーのボンネット結構 複雑な凹凸です!エッジ…

  5. Jaguar

    ディムラー 中古車再生過程 No,10

    なんとも薄汚れた感が拭えない感じ・・・背もたれですら・…

  6. Jaguar

    Daimler Super V8 No,7

    5工程のみがきを終えたダイムラーです。私の魂まで抜かれるような…

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

売り出しております!!

PAGE TOP