CITROEN

CITROEM C6 No,7

ルーフ

お月さんの表面の様なクレーター

研きます!

まずは、全体を均す様に

研いて

少しずつ 少しずつ

平滑性を求めて

これならば

この後の作業で 光沢を追い求めることが出来るでしょう。

トランクパネル 行きます!

まずは厄介な部分から

リアウィンド側に アールが付いているから

丁寧に 慎重に

ミニポリッシャーを当てて行きます。

そして、固定式リアウィングとの境目

ココも大胆な作業は出来ません。

直線をなぞる様に

ミニポリッシャーを当てて

中央部は 大胆に切り込めます (^^)

C6の みがき屋いじめは まだ続きます!

リアウィンドの両脇

シッカリ見えるところなので

研かない訳には行かない。

こんな作業が連続すると

集中力だけが勝負です。

この作業 幾つまで出来るだろうか?

明日は

 桐生クラシックカーフェスティバル

久しぶりに再会出るクルマ仲間との楽しみを (^^//

41+

関連記事

  1. CITROEN

    シトロエン C6 No,8

    内装 行きます! 運転席のフロアも砂と小石…

  2. CITROEN

    CITROEM C6 No,6

    恐る恐る ミニポリッシャーで試し研き。やはり・…

  3. CITROEN

    CITROEM C6 No,10

    後は、ナンバープレートを付ければ外装は終了!配…

  4. CITROEN

    シトロエン C6 No,3

     マスキングを行いながら塗装のコンディションを見て参りまし…

  5. CITROEN

    CITROEM C6 No,8

    1工程目 終了です!こんな感じの1工程目こ…

  6. CITROEN

    CITROEM C6 No,4

    フロントガラスのフチ水垢が貯まっています。当然…

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

売り出しております!!

PAGE TOP