Porsche

Porsche 911 type964 No,3

研きます!!

その前に、ワイパーの付けの部分

手研きです。

錆が落ちたまま放置できませんでしょ~

こんな感じに。

ポリッシャー 当てます。

この面積で、これほどカスが出てきます。

コレが塗装に乗っていた 宜しくないコーティング!!

剥がすと色が鮮明になります。

ここは、ミニポリッシャーを使って

1工程目 その2

目の細かいコンパウンドで研きます。

中央の一段落ち込んだ部分と

向かって右側

肌が全く異なり

光沢も違うのがご覧いただけるかと

ストラップが写り込んでいますが

こちらも1工程目 その2を終えて

バフが落ち込んだ部分に当たらないように

マスキングを施して

ミニポリッシャーで

マスキングを張り替えて

落ち込んだ部分を研きます。

  日本航空のエアバスA350-900の初号機が、最終組み立て

6月、もしくは7月には見れるのではないでしょうか?

楽しみが増えます (^^)

47+

関連記事

  1. Porsche

    PORSHE GT3 (type 991) No,3

    新車ディーラーから、お客様に引き渡す状態の新車と …

  2. Porsche

    Porsche 911 type964 No,4

    ポルシェ独特の曲線美しい!ですが・・・みがき屋…

  3. Porsche

    Porsche 911 type964 No,2

    粘土 温めます!この時期、寒さでカチカチなんで…

  4. Porsche

    Porsche 911 type964 No,10

    エンジンルームに貼られていたシール表面が無くなり意味の…

  5. Porsche

    997 No,4

     リアフェンダーは研きました。幌格納部分の端が上に写ってい…

  6. Porsche

    997 No,6

    最終工程のバフ目消しに入る前にポリッシャーで磨けない部分を…

2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

売り出しております!!

PAGE TOP