W126

W126 560SEL ミッドナイトブルー No,2

作業前です。

蛍光灯を消して

人工太陽灯を点けると

ボンネットは、

擦り傷だらけである事が見て頂けるかと

ウィンドウォッシャーノズルの付近も

人工太陽灯を消して

蛍光灯を点けると

キズは見えません。

※ノズルの右に写り込んでいる黒いモノは

 人工太陽の照明器具です。

ボンネット先端

マスコット側も傷が目立ちます。

しかし、人工太陽灯を消して

蛍光灯だけにすると

キズは、気にならないレベルになってしまう。

通常の蛍光灯の下で

2工程を終えて

人工太陽灯 点けます。

これが私の研きのレベルです。

この後の工程で

曇りは、更に無くなります。

グリルの傷が目立ちますよね~!

ノズル周辺

若干傷がありますが

このレベルです。

作業を行いながら平井氏から聞いた事ですが

コーティングメーカーから

出来るだけ研かない方向への指導があるというのです。

超微粒子のコンパウンドで

コーティングの上を 撫でる様に・・・

内心 「馬鹿な~~~!」

現在の新車

特に燃費競争に夢中のクルマでは

出来るだけ軽い車を目指しているでしょう。

すると、おのずと塗装も出来る限り「軽く」を求めて

薄くなって行きます。

この状況下で、腕の無いディテイラーが研くと

必ず下地を出してしまい

トラブルが続出する事を恐れているのではないかと・・・

ガチガチのコーティング

粘って、作業がはかどらない作業。

そのリスクを作業者に背負わせるよりも

コーティングで、キズを埋めて

多少、本来の色から発色性能が落ちても

それで良しとする方向性です。

私には、断じて許せない。

この痛んだ塗装

キチンと研けば

新車時の発色、写り込み

取り戻せます!!

時代と共に、塗装も変化し

それに合わせた研磨方法もあるでしょうが

90年代以前のメルセデス

そして、塗装技術を確立させているメーカーの車であれば

本当のみがきを持ってしか

その本当の美しさは取り戻せないと私は考えます。

関連記事

  1. W126

    W126 300SE No,9

     3工程目 入ります!! ギトギトになってゆく塗装…

  2. W126

    W126 300SE No,13

    昨日、うっかり掃除機掛けの場面飛ばしてしまいました!!…

  3. W126

    W126 フロントドアのパワーウィンド

    内張りを取り外す前にパネリングを外さないと内張りが引き上げ…

  4. W126

    W126 560SEL ブルーブラック No,1

     この560SELご紹介しようと思いながら昨年末、…

  5. W126

    560SEC ミッドナイトブルー No,4

    この560SECは過去に、私が磨いた車なんです!私…

  6. W126

    W126 300SE ベリル No,8

    エンジンコンディショナーで予洗します!Kジェトロ KE…

2020年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

売り出しております!!

PAGE TOP