W124

名古屋からのE320T No,7

ガラス カルシウムスケールが見受けられます。

運転するにおいて

問題とはなりませんが

クルマの美観の観点からは問題です!

当然ですが

ガラス研磨行います。

研磨後のガラスは

完全無撥水になります。

平井氏 黙々とガラス磨いています。

ガラスの研磨を終えて

脱脂洗浄を終え

ケミカル粘土を掛けている最中です。

平井の左手をご覧下さい!!

カメラを向けると

ピースサインすることが多いのですが

それを捕えれる事がなかなか出来なったのですが

お茶目な平井の一面です (^^/

粘土掛けが終わったボンネット

向かって左側

水の膜が出来て

こんな感じの仕上がりになれば・・・

今回はタイヤハウスの中も洗いました!!

フェンダーの折爪に溜まった土を

ブラシで洗うと

この通り

大量の砂と土が落ちて来ました!

ガラスに映りこむ風景

カルシウムスケールが無いって

美しいですね!!

ヘッドライト下のパネルも取り外しているので

この裏の汚れも落としましょ!!

関連記事

  1. W124

    W124 300TE No,1

    GA-01 燃料タンクに入れるだけで燃料ラインの洗浄が…

  2. W124

    W124 300TE No,4

    まずは、ワイパーからバラして行きます!ガラス下のカバー…

  3. W124

    E320T トルマリングリーン No,9

    オーナー様が 持ち込まれたフロアマットです。こう言う感…

  4. W124

    W124 E320T ブルーブラック No,12

    最終の作業 窓拭きです!ヘッドレストのシャフト…

  5. W124

    W124 320E ブルーブラック No,33

    エンジンルームを洗いボディーも洗って舞ったインシュレー…

  6. W124

    W124 E220T No,2

    エアコンは、真空引きしたまま1日放置して、漏れ具合を確認します…

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

売り出しております!!

PAGE TOP