Porsche

Porsche 964 turbo No,3

ボンネット右側 研きます!!

2回同じ作業を繰り返すと

中央部分との差は歴然となります。

しかし、この低い位置

腰に来ます!

中央部分 1回目

そして、2回目

前から見ると

こんな仕上がりです。

中央の凹みの部分と

両脇と接する部分も研きます!

マスキングテープを張り替えて

ヘッドライトへと伸びるラインも

リアを研いている珍念さん

最近は、この研きにも慣れて

コーティングを剥がすコツも得とくしてくれました!!

リアウィングの内側は

通常のポリッシャーでは

ポリッシャー自体がスポイラーに当たるので

ミニポリッシャーを使って

曲線が複雑なポルシェ

みがき手の技量を試されているかの様な

作業が 延々続きます。

関連記事

  1. Porsche

    Porsche 911 type964 No,8

    運転席シートの後ろに何のシミだろうか?まずは掃…

  2. Porsche

    Porsche Carrera 4S No,6

    サンルーフ開けると そこには汚れが・・・珍念さ…

  3. Porsche

    997 No,12

    助手席の座面その汚れは?やはり 2度拭きが必要…

  4. Porsche

    type 964 No,7

    脱脂洗浄の前にフチ 仕上げて行きます!!スポイラーの鋭…

  5. Porsche

    Porsche 911 type991 No,6

    内装のクリーニング 開始します!!ドアを開けた際に 舞い込んだ…

  6. Porsche

    Porsche 930 No,5

    研きます!どこまで 持って行けるか解りませんが出来る限…

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

売り出しております!!

PAGE TOP