Porsche

Porsche 930 No,4

ルーフの1工程目を終えて

フロントフード 取り掛かります!

凄い荒れ方です!!

※写真をクリックしてみてくださいませ。

1回目

フチはミニポリッシャーで 研きます。

通常のポリッシャーでは、届かない部分が生じますので・・・

まずはこんな感じ。

中央の凹んだ部分と

作業前の左右の写り込みに違いが見て取れるかと

更にルーフのコンディションに近づけるべく

研き込んでいくと

コンパウンドカスの出方が

明らかに違う。。。

何で???

こんな糸状のカスが

大量に出てきます!

部分的にコーティングしたの???

全く異なる切れに戸惑います。

中央部分の1工程目

こんな感じで如何でしょうか?

フロント側も

凹み部分の写り込みに合わせて

ボンネットフードの

向って左の端

何が起きているの?

異常な肌。

私がボンネットフードと格闘中

珍念さんは

ハズキルーペを掛けて

Aピラーと格闘中です。

目の不自由なオヤジと

この後

しばらく、腰の不自由なオヤジ

そんなオヤジコンビですので・・・

関連記事

  1. Porsche

    Porsche 964 スピードスター No,4

    研きます!!ろくでもコーティングを剥がして出て…

  2. Porsche

    Porsche 930 No,10

    ルーフの端ここは 無理やりバフえお入れられないので手磨…

  3. Porsche

    type 964 No,12

    作業前の給油口です。そして、作業後作業…

  4. Porsche

    997 No,5

     3工程目 入ります。この工程からは古いコーティン…

  5. Porsche

    Porsche 964 スピードスター No,12

    マット類を洗い乾燥させている間給油口のフラップ…

  6. Porsche

    type 964 No,5

    手作業でしか 落とせない水垢が在ると時間が掛かります!…

2022年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

売り出しております!!

PAGE TOP