Porsche

Porsche 930 No,3

1工程目 2回目

そこで得られる映り込みです。

3回目

これで ようやく落ち着いた写り込みが戻って来ました。

作業前のルーフ左側です。

この荒れた状態は

塗装が荒れているのでは無く

その上に施されたコーティングが荒れているのです。

コーティング どれほど有害か・・・

研いた部分の境目です。

ココは深く研きすぎる可能性があるので要注意!!

フチの白ボケたところが

古いコーティングが研磨により劣化している部分です。

ここからは手磨きで 安全に仕上げて行きます。

コンパウンドに絡みついたコーティングです。

ルーフ右側も

左のコンディションに揃えながら

研き込んで行きます。

ルーフの1工程目終了!

珍念さんに フチを任せて (^^)

安易なコーティングは

百害あって一利も無いかも?

コーティングが劣化して

写り込み 光沢を台無しにして

加えて 剥離に時間が掛かる。。。

塗装の上に ただ乗っているコーティングならまだしも

有機溶剤をたっぷり含んで

塗装と一体化するコーティングは手に負えない。

コーティングを行う際は

下地処理(まともな磨き)が出来るお店を選んで下さいませ!

関連記事

  1. Porsche

    Porsche 911 Speedster No,3

    ドリンクホルダーも一度 出して確認です。疑り深い性格な…

  2. Porsche

    type 964 No,8

    コーティングを終えて内装の掃除の前に冷媒のガス圧のチェ…

  3. Porsche

    Porsche 964 スピードスター No,13

    作業前のドアヒンジです。左右差はありますがまず…

  4. Porsche

    Porsche 911 type991 No,6

    内装のクリーニング 開始します!!ドアを開けた際に 舞い込んだ…

  5. Porsche

    Porsche 911 (993)No,6

    脱脂洗浄行います!!洗浄&コーティングを終えたら…

  6. Porsche

    Porsche 911 type991 No,2

    脱脂洗浄後のボンネットです。当然ですが、撥水しません!…

2022年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

売り出しております!!

PAGE TOP