W124

W124 300TE No,5

左リア

ショックアブソーバーから伸びる

油圧ホース

アブソーバー側の接続は締め過ぎで緩まず

アキュムレーターに繋がる配管は

フレアナットが回らず・・・

ショックを交換するには

ショックアブソーバーを回して

配管の接続を切るしかない。。。

ホースを外したフレアナット

ホースを外せば

何とかなると思っていたが

噛み付いて ビクともしない。。。

ここで一旦左側のショック交換を

置いておく事に

アキュムレータの交換を優先する事にします。

右側は、レベライザーが近くにあり

作業スペースは狭い!

こちらは左のアキュムレーター

邪魔になるマフラーを落として

少しだけ移動させれば

左側はスペースができ

エキステンションを使うことも可能。

凄いトルクを掛けられていたボルト

何とか緩みました。

アンダーコートと

汚れでこの状態のボルト

取り付け前に磨いて

アキュムレータを抜き取って

関連記事

  1. W124

    W124 300TE No,4

    粘土掛けも終り拭き上げです!しかし、、、ボディ…

  2. W124

    W114 280 No,4

    何とか 左ドア2枚の古いコーティングを剥がし終わって一…

  3. W124

    W124 E220 ポーラホワイト No,2

    ガラス このE220も凄い事になってます!!サイドガラ…

  4. W124

    W124 E220 No,5

    エンジンの給排気系の洗浄を行います!!ガレージアークの平井も初…

  5. W124

    AMG 300CE 3.4-24V No,8

    パワーシートのスイッチを外します。このリング 大切なん…

  6. W124

    W124 500E ブルーブラック No,3

     研く前の下拵えです。残った両面テープも剥がして…

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

売り出しております!!

PAGE TOP