Jaguar

Daimler SuperV8 No,8

輪キズだらけのトランクパネル

研きます!!

まずはココまで

マスキングテープを貼り替えて

研いて

エッジのテープを剥がして

更に研く

2日目は、ココで終了です!

トップ3面とサイド2面まで

粘るコーティングを剥がして

翌日 助手席からのスタートです。

まずはドアノブ周囲から

フロントのマスキングを貼り替えて

ボンネットフードのコンディションに合わせるように

シミだらけのフェンダーを研きます。

プレスラインは、気を使うところ

そして、タイヤハウスのラインも

キツイところなので

慎重に・・・

それに加えて

このキズです。

本来の色が出始めました。

大の大人二人が

交わす言葉も無いまま

ひたすらみがきに集中です。

今日は、珍しく妻が起きて

TVをつけて、サッカーを見ています。

私は、全く興味が無い。。。

同点から、逆転したの?

関連記事

  1. Jaguar

    Daimler SuperV8 No,2

    ボンネットを開けようとオープナーを引いたのですが車両右…

  2. Jaguar

    Daimler Super V8 No,11

    シフトレバー 一見すると 全く問題無しの様に見えますが 見方…

  3. Jaguar

    Daimler Super V8 No,3

    ガラスを磨いた翌日完全に乾燥すると水と同化して見えなか…

  4. Jaguar

    Daimler Super V8 No,13

    ドアを開けた時このウェザーストリップの間に入ったコンパウンドカス気に…

  5. Jaguar

    Daimler Super V8 No,10

     カップホルダーの中 どうにも気になります!  センターコン…

  6. Jaguar

    Daimler SuperV8 No,12

    前回のご入庫から1年経過してリセットのご要望でご入庫いただけま…

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

売り出しております!!

PAGE TOP