W126

後悔先に立たず・・・ No,2

この写真の撮影データを見ると

2010年12月

14年前

今思い返すと

この頃がW126の底値だったのかも・・・

この距離のクルマが

2桁万円で買えた!

今となっては、新車の半額~1/3の値段が付いています!!

しかし、このメーター暗過ぎる。。。

大阪で買い求めて

自走で東京まで

クルマのコンディションを見極める為の

ロングドライブでした。

江戸川のピットに戻り

自走での帰路

灰皿を引き出そうと

その途端

この有様です。

そして、

左リアを下げて

空気を切れ換えようとすると

動かない。。。

内張りを剥がすと・・・

竹!!!

箒の柄を切って

窓が落ちない様に

つっかえ棒が・・・

これは笑うしかない (^^//

流石 2桁万円!

棒を抜いて

PWスイッチを操作すると

アクチュエーターが降りてきました。

窓を手動で下げると

スライドピースの破断。

これは当時良く経験していたので

慌てる必要は無し!!

端が剥がれたインシュレーター

全て剥がして

モリヤ氏の登場です。

後ろには、愛車の500SEが映り込んでいます。

ほぼ20年落ちだったこの当時

既に足回りはボロボロ

(その判定は、人それぞれですが、明らかに新車時の乗り味とは異なる!!)

そして、エンジンはもっと安定して

もう少し、余裕のあるパワーが出るはず・・・

エンジンがキチンと回らないクルマ

私は、許せない。

  ===========

昨年ご入庫頂いたW140 350ディーゼルターボですが

エンジンの回らないクルマでした。

明らかにターボが効いていないのです。

整備屋に預けて数か月経っていた と言うのに・・・

あれこれ調べると

タービンを制御しているバキュームラインがボロボロ

それを直して

制御関係を見ていると

オーナー様の資金よる、作業の抑制が・・・

この時点で、私が携わる仕事でないと判断しました。

1台のクルマを仕上げる

そこには明確な計画性が必要です。

まずは、キチンと走り、曲がる、止まるが出来て

快適性を求め

そして美観を

この順序を間違えると

一生 走らないクルマのままに

関連記事

  1. W126

    560SEL ブルーブラック No,4

    全塗装されたボディー塗装屋さんの磨きではキズも多く見受…

  2. W126

    W126 420SEL 中古車再生過程 No,2

    点火系 一掃します!イグニッションコイル20年以上使わ…

  3. W126

    560SEL ブルーブラック No,5

    リアのナンバーステーこんなチャンスでも無ければ磨けない…

  4. W126

    W126 300SE ベリル No,3

    寒くなってきたのでお湯で ケミカル粘土を温めます。…

  5. W126

    W126 500SE ミッドナイトブルー No,20

    フロントシート 取り外します!フロント側は電動…

  6. W126

    W126 500SE ミッドナイトブルー No,7

    水洗い前に少しチェックを綺麗そうに見えますが…

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

売り出しております!!

PAGE TOP