Jaguar

ディムラー 中古車再生過程 No,4

向かって、右側だけ

試しにバフを当ててみました。

もうチョイか・・・

これが、みがきです!

給油口フラップと

その右側の違い

ご覧いただけるかと

1工程目で使用したサテライトバフ

2工程目

コンパウンドを変えて

みがき込み。

更に 粒子の細かいコンパウンドで

5工程目まで

フェンダーとの 

肌の違い!!

取り外していたグリル

右側の光沢が

本来の姿!!

これで

っと思ったが

フルーテッドの波

これは許せない。

これならば?

トランクパネルのみがき

終了しました!!

お尻 美人完成!

関連記事

  1. Jaguar

    Daimler SuperV8 No,14

    少し深めのキズがあったのでそこは、サテライトバフを使用して…

  2. Jaguar

    Daimler SuperV8 No,7

    ディムラーのボンネット複雑なプレスライン。。。まずは中…

  3. Jaguar

    Daimler SuperV8 No,11

    一旦、お納めして1週間後ボンネットオープナーのワイヤーの修理が…

  4. Jaguar

    Daimler Super V8 No,14

    ホイール 今では珍しくセンターキャップ付いています。 しかし、メッキ…

  5. Jaguar

    Daimler SuperV8 No,16

    クイックルームクリーニングで仕上げます!まだまだこれか…

  6. Jaguar

    JAGUAR XJR No,6

     研く前のボンネットフードです。写真をクリックして頂ければ…

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

売り出しております!!

PAGE TOP