W126

W126 500SE No,1

W126仲間のO氏の500SEです。

忙しい彼に代わって

今回は、部分的施工をします。

まずはホイール

自分で洗っても

ダストが落ちきらないと嘆いていたので

これで如何でしょうか!

この穴に付いたダスト

実に しつこい こびり付き

座った姿勢が続くので

足 痺れます!

ムリをすればホイールが傷付く

ひたすら 歯ブラシで優しく丁寧に

1本当り 1時間以上を要します。

エンジンルーム

作業前

何もかもが 汚れて

オイルがどれぐらいの速度で滲んでいるかも判らない。。。

以前 乗っていた560SELで

フューエルガバナーのOリングから

燃料も漏れの経験もあるのに

この状態で乗っていたのです。

頑張って洗って

こんな感じです。

ヒューエルデスビ周辺も

これならば 漏れても

直ぐに判るはず。 (^^)

アイドルエアーバルブに繋がるホース類も

ブローバイホースもスッキリ

多くのコーティング屋では

仕切りも無い部屋で

クルマをみがいています。

本気で みがくとどれ程のコンパウンドカスが出るか?

周囲のクルマは、粉まみれになることが判って居ないのか?

塗装ブースを使っているコーティング屋も居ますが

このサイズでは狭すぎる。

大型車洋のブースならまだしも

乗用車用だと

前後左右の余裕が無さ過ぎる。

それと、塗装ブースの目的と

みがきの場所の目的が違い過ぎる。

お客様への、視覚的アピールは強いが・・・

全長5m 横幅2m の車両に対して

前後左右2mの余裕が欲しいのです。

9m × 6m のピット面積

普通車ならば4台が入る場所に

1台のクルマを入れて

かなり贅沢なスペースになってしまうのです。

前後左右2mの余裕 どうしても譲れない私です。
 
自分が一歩さがる事で

見える事 身の回りでもありますでしょ (^^//

関連記事

  1. W126

    560SEL ブルーブラック No,10

    新品のウォッシャーノズルです!!新品 台座のゴムが柔らかくて…

  2. W126

    W126 420SEL ライトアイボリー No,18

    ルーフ 酷い映り込みです。窓枠も・・・…

  3. W126

    W126 420SEL ライトアイボリー No,23

    研磨作業後にしか見えない・・・私にとっては、悪夢の様な世界。…

  4. W126

    W126 420SEL ライトアイボリー No,31

    ダッシュボード洗剤をスプレーしてブラッシングして…

  5. W126

    W126 560SEC

    テスター屋さんにて ライン待ちです。 やる事やったら…

  6. W126

    W126 420SEL ライトアイボリー No,41

    入庫直後のフロントタイヤハウスです。この年代のクルマは…

2019年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

売り出しております!!

PAGE TOP