W126

W126 420SEL ライトアイボリー No,41

入庫直後のフロントタイヤハウスです。

この年代のクルマは

塗装の際

ドブ漬けされますので

タイヤハウスの色は

外装と同色。

なのに、この汚れ方です。

まずは水洗いして

アンダーコート 気になります。

整備から、戻ってきて

更に、アンダーコート

落としました。

左フロントの写真が無くてゴメンナサイ。。。

左リアのタイヤハウス。

右リアのタイヤハウス。

水洗いして

アンダーコート

何処まで塗ってしまったの~~~

頑張って

アンダーコートを落としている最中です。

何とかココまで!!

右リアは

こんな感じです。

エンジンルームも

この汚れ方。

3日掛けて

ココまでに

3流中古車屋で行われる

タイヤワックスを噴いた作業ではありません。

丁寧に洗って

艶出し塗って

それから、余分な艶出しを落として

完成させます。

納車の日

オーナー様御夫妻からお誘い頂き

ワクイミージアム に行って来ました!

500Eのオーナー様(ご夫妻の御友人であり、御紹介頂いたお客様)と

ミュージアム前で合流して

仕上がった420SELの細部までチェック。

すると、

ミュージアムの従業員の方3人が来られて

「昔、知り合いで同じライトアイボリー乗っていたんですよ~」

そこから・・・

「オールペンしたんですか?」

「全く塗り替えていません。」

「エンジンルームも?」

「勿論です。」

そんな会話を延々としていると

青の独特の風貌の

涌井館長が来られて

「いい仕事してるんですね」

涌井さんの方から

名刺を出されてきて

私、慌てました!!

「トランクに鞄を入れていますので、少しお待ち下さい。」

冷や汗をかきました。。。

普段は、めったに焦らない私ですが

この時ばかりは違いました。

RR・ベントレー 

普段はあまり目にしないクルマですが

古くても修理されて

その性能を維持できるそうで

驚かされることが多かった1日でした (^^)

関連記事

  1. W126

    スペシャルな W126 500SE No,1

    エアークリナーの蓋を外すとあれま~!!砂が!!!…

  2. W126

    560SEC ミッドナイトブルー No,3

     もう一つ 異音が試走中に聞こえていたので助手席の足元バラ…

  3. W126

    W126 420SEL ライトアイボリー No,12

    昨日のエンジンルームの続きです。ボンネットフードを開けた時…

  4. W126

    560SEL アークティックホワイト No,36

    ウォッシャータンク 洗います!このタンク内部の…

  5. W126

    W126 560SEL ブルーブラック No,11

    水 何処から進入したのでしょうか? 左のテールレンズ…

  6. W126

    560SEL アークティックホワイト No,34

    エンジンダンパーです。親の敵の様に 締め付けられています。…

2019年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

売り出しております!!

PAGE TOP