W124

W124 230E No,43

見慣れた光景ですが

ばね 抜きます!

スプリングコンプレッサーを噛ませて

ばねを締め上げます。

ここまで縮めば

ばねは抜けます。

この長さのばねを締め上げる

結構 力 要ります (^^)

ショックアブソーバーを上げて

アッパーマウントとの結合を外して

ショックアブソーバーを抜き取りました。

既に 本来の仕事を出来ないアブソーバーでした。

倒立させて、片手で抑えると縮み

離すと しばらく縮んだまま・・・

当然ですが、オーナー様にもご経験いただきました!

ステアリングリンケージを外す為

セパレーターを掛けます。

バッキン!!

結構な音とともに外れます。

表面が錆びたナックルも取り外して

ロアアームも取り外して

関連記事

  1. W124

    名古屋からのE320T No,10

    このままでは、寂し過ぎます。ルーフレールの色飛び哀愁が…

  2. W124

    名古屋からのE320T No,9

    ボンネットの向かって右半分1&2工程を終えた状態です。…

  3. W124

    W124 500E ブルーブラック No,13

    W124のメーターです。このメーター カビるんです!!…

  4. W124

    W124 300TE No,14

    エンジン始動します!角材を噛ませたままの理由は…

  5. W124

    W124 AMG E36T No,6

    グリルの底の部分開けると気になります。メインのインシュ…

  6. W124

    W124 320TE No,7

    この汚れ 妙に気になる事が在るんです。。。内張りの…

2022年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

売り出しております!!

PAGE TOP