Jaguar

Daimler SuperV8 No,15

クリップの補修は、モリヤ氏の本業ではない!

少し気になる凹みがあったので

本業であるデント作業もお願いして

極々僅かな凹み

丁寧に出してくれます (^^/

最終工程

ギアアクションでバフ目 消して行きます。

人工太陽灯で確認しながらの作業です。

これならばOK!!

オヤジ二人が暗いピットの中で

怪しい行動です!

さて、フチの水垢の処理 行いましょうか!

意地になって ひたすら力を入れずに磨きます。

時間だけが 過ぎて行く

フチの処理を終えたら

脱脂洗浄です!!

関連記事

  1. Jaguar

    Daimler Super V8 No,14

    ホイール 今では珍しくセンターキャップ付いています。 しかし、メッキ…

  2. Jaguar

    JAGUAR XKR SILVERSTONE  3回目のご入庫! その2

    薄いすり傷いつも通り これで取ります!!ま…

  3. Jaguar

    ディムラー 中古車再生過程 No,4

    向かって、右側だけ試しにバフを当ててみました。もうチョ…

  4. Jaguar

    ディムラー 中古車再生過程 No,2

    このクルマがご自身のクルマであったらと言う目線で見て下さいませ…

  5. Jaguar

    Daimler Super V8 No,9

    フロアマット まずは毛を起こします。 そして、洗って …

  6. Jaguar

    JAGUAR XJR No,5

     3工程目 終了!!4工程目写真ではお伝え…

2023年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

売り出しております!!

PAGE TOP